TCg

ページタイトル

菊文様

歌舞伎のと歴史

現在は「歌舞伎」それぞれ「歌(うた)」・「舞(おどり)」・「技(わざ)」という意味になっていますが
当時、奇抜な服装をし世間の秩序に反して行動すること「傾く」と言い、そのような人々を「かぶき者」と呼びました。
「かぶき」は、その「傾く(かぶく)」という言葉が語源になっています。


出雲の巫女(みこ)を名乗る国という女性が、京に上り変わった風体の男の扮装をして踊った」という意味の記述が残っています。
この国という女性は、歌舞伎の歴史を語る上では一般的に「出雲の阿国(お国)」とよばれてきました。
阿国の踊りは、かぶき者の扮装をまねた男姿で、茶屋で遊ぶ様子などを演じたため「かぶき踊り」とよばれ人々の人気を得ました。 歌舞伎の歴史は、この出雲の阿国の「かぶき踊り」から始まったとされています。


しかし「女歌舞伎」は、風俗を乱すという理由で1629年[寛永6年]前後から禁令が出されるようになり、 次第にその姿を消していきました。
「女歌舞伎」の禁令により、前髪のある成人前の少年が演じる「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」に人気が集まります。
しかし、これも風俗を乱すため、1652年[承応元年]頃から禁令が出されました。
この禁令以降、前髪をそり落とした野郎頭(やろうあたま)の成人男性が演じる「野郎歌舞伎(やろうかぶき)」の 時代に入っていきます。


「野郎歌舞伎(やろうかぶき)」になり、技術よりも容色が重視されていました。単に姿形で見せるのではなく、芸によって
見せる歌舞伎へと変わっていきます。「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」の時代にも、女性役を演じる「女方(おんながた)」は
存在しましたが、専門に「女方」を演じる俳優も登場し、
女性らしさを表現する方向へと発展して現代の歌舞伎の形に繋がってゆくのです。