TCg

ページタイトル

菊文様

狂言

「丸本物(まるほんもの)」などともよばれ、人形浄瑠璃(にんぎょうじょうるり)で初演され、 後に歌舞伎化された作品をさします。「竹本(たけもと)」の語りによって物語が進行し、 音楽的・様式的な演技や演出が多い点に特徴があります。狂言も以下の2つにわかれます。

時代物

題材を江戸時代よりも昔(鎌倉、室町、戦国時代)の武士や公家(くげ)の社会を描いた作品をさします。 中には『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』のように、江戸時代に起こった事件に取材した作品でも、 それ以前の時代や登場人物の名前を【大石内蔵助→大星由良助】など置き換えて書かれた作品もあります。 これは幕府が、戦国時代後期以降の史実の劇化を禁止していたためです。 江戸時代でも民衆の話題になった出来事を作品にして上演するというところは 現代でいう映画やドラマにすることと同じだな。と思うと親しみを感じます。

世話物

江戸時代の庶民の生活に取材した作品で、当時の現代劇をさします。同時代をリアルタイムで描く現代劇でした。。 その中でも心中物、幕末の悪人を主人公にした「白浪物(しらなみもの)」また幕末の社会状況を描いた「生世話物」 という作品もこの中に入ります。 落語から取り入れられている作品も多く台詞もわかりやすく役者のアドリブなどで楽しむことのできる作品が多いです。

所作事

所作事は舞踊を見せるものです。回転の所作を中心にした「舞」、身体を 上下に動かす「踊」との組み合わせから成り立っています。
舞踊の背景となる世界や型から、道成寺、石橋(しゃっきょう)、浅間、丹前、道行、松羽目、狂乱などの分かれます。 松羽目は狂言から取り入れた作品なので、そのまま狂言の背景である松を描いた背景が使用されています。

スーパー歌舞伎

三代目市川猿之助が1986年に始めたのが最初。歌舞伎の本質は守りながら、 歌と踊りの要素をよりダイナミックなものとしたうえ、さらに「宙乗り」「早替わり」 などのアッと驚く演出を大胆に取り入れたもの。古典歌舞伎とは違った華やかさを持っている現代風歌舞伎。

コクーン歌舞伎

十八代目中村勘三郎(勘九郎の時)が1994年に始めたのが最初。 若い人たちにも歌舞伎を観てほしいと場所は渋谷のBunkamuraシアターコークーンにて上演。 歌舞伎役者以外の俳優の出演や古典を新たに演出した作品へ取り組んでいる。 1996年以降からの演出は演出家の串田和美が担当している。

菊文様

オススメ演目

「身替座禅」

元は狂言の作品(松葉目もの)が歌舞伎の演出になっています。 『今でいう鬼嫁に内緒で旅先で仲良くなったキレイな女性(遊女 花子・はなご)と逢引しようと、 なんとか出かけた旦那(山陰右京・やまかげ うきょう)でしたが・・・』という、お話。 全く難しくなく笑いながら楽しめる作品だと思います。

「助六由縁江戸桜(すけろくゆかりのえどざくら)」

劇場でみたことはなくても助六の格好は知っている。と、いう方多いんじゃないでしょうか? もちろん役者のアドリブありで笑いを誘う場面もあります。 それでも話についていけない!と、いう方でも揚巻の豪華煌びやかな衣装だけでも見ごたえあり。 歌舞伎を観たという気分に浸れる見ごたえ十分な作品だと思います。

「八月納涼歌舞伎」

こちらは作品ではなく興行なのですが、通常と違い3部に分かれて上演されるため、 「歌舞伎は上演時間が長いから」と、いう方でも無理なく観る事ができると思います。 また新しい演出家を迎えた新作歌舞伎もあり、古典より見やすくそこれから歌舞伎を観始めたという人もいるようです。